お薦め

「ローヤルゼリーの老化防止効果」

老化というのは加齢によって、
具体的には細胞のたんぱく質合成能力が減少し、
筋肉や骨が弱くなってしまうことをいいます。

だいたい40歳を過ぎた頃から急激にたんぱく質を作る力が弱くなるようになり、
筋肉が減って体つきがたるんでくるだけでなく、脂肪やブドウ糖を燃やす能力まで落ちていきます。

ローヤルゼリーには含まれている上質なたんぱく質は約20種類以上もあり、
なかでも、「アピシン」というたんぱく質には、新しい細胞を作り出す促進作用、
または細胞の寿命を長引かせる作用があります。

他にも必要なたんぱく質に「アルブミン」というのがあり、
人間の血液中に含まれる値が、100ml中3、5g以下になると、
ガン、 肝硬変、腎臓病、栄養失調、老衰などを引き起こすとされていますので、
絶対に絶えないように体に補充しておきたいものです。
アルブミンは本来は体の中で作れるのですが、加齢によって減少するものなのです。

またローヤルゼリーにはアンチエイジングの効果があるのですが、
体の中だけでなく、肌まできれいに入れ替えてくれるという嬉しい働きももたらしてくれます。
デトックス効果もありますので、体の中から老廃物を追い出すことで新陳代謝を高めて、
体の中も外も老化から遠ざけてくれます。
また、ローヤルゼリーとハチミツは混同されがちですが、別物です。両方それぞれの効能があります。

また何よりも大切なのはローヤルゼリーは自律神経に働きかけることができるということです。
人間はストレスを感じると「アドレナリン」や「ノルアドレナリン」などの興奮を促す情報伝達物質が放出され、
それを緩和させるために必要なのがローヤルゼリーのビタミンの一種である「アセチルコリン」です。
このアセチルコリンという成分はストレスでのイライラを改善してくれて、興奮状態を沈め、
リラックスすることによってストレスを緩和してくれます。
ストレスにや心労によって人間は一気に精神的にも肉体的にも老化してしまいます。

外見だけの老化を緩和するのではなく、中からも改善するのがローヤルゼリーなのです。
こちらのサイトでも子供やお年寄りにもローヤルゼリーを勧めています。是非、ご覧ください。