お薦め

「ローヤルゼリーと更年期」

更年期障害というのは女性ホルモンが減少することによって、
体のほてりやめまいなどといった症状やイライラとした気分に陥りやすくなる現象です。
初期症状をそのまま放置してしまいますと、進行する場合もあるれっきとした病気です。

ローヤルゼリーは更年期の症状を抑えることができる食品として人気がありますが、
いったいどういった成分に効果があるのでしょうか。

含まれている特有成分のひとつに脂肪酸の一種であるデセン酸という成分があります。
このデセン酸は女性ホルモンの「エストロゲン」と同じ作用を持っていると言われており、
自立神経を整えたり、ホルモンバランスの崩れによる更年期障害を防ぐ効果があると言われています。
ローヤルゼリーの効果効能と副作用についてこちらもご覧ください。

更年期障害の主な原因は女性ホルモンの現象ですが、
その中でもエストロゲンの減少が大きな原因とされているために、
代わりになる成分によって抑えられるといってもいいでしょう。
デセン酸はローヤルゼリーには必ず入っていますが、含有量は品によって変わります。

上質なものかどうかの確認の方法として、
デセン酸の含有量が目安になっているといってもいいほどに、デセン酸は貴重で重要な成分なのです。

またローヤルゼリーに含まれているアセチルコリンという成分は神経伝達物質で、
自律神経のバランスを正常化させるという働きを持っています。
つまりデセン酸とアセチルコリンという成分の両方をもっているローヤルゼリーを摂取することによって、
更年期障害を緩和することが出来るというわけです。

更年期障害は自律神経とホルモンバランスが摂られることによって、状態をよくすることができると言われています。
ローヤルゼリーにはアミノ酸やミネラル、ビタミンが非常に多種類含まれており、
これらの栄養素はホルモンを合成する際に役立ちますので、非常に効果的な成分が詰まっている食品といえるでしょう。
さらに他の栄養素によって体自体を活性化させることも可能です。
またローヤルゼリーのアレルギー症状を紹介しているサイトも参考にしてみてください。