お薦め

「美容が気になり始めたら」

ローヤルゼリーには様々な美肌に効く成分が入っています。

もともとローヤルゼリーというのは、女王蜂だけが食べることができる、
働き蜂が作り出す栄養の塊と言ってもいいほどで、
その栄養素の高さは女王蜂の大きさは、
働き蜂の30倍~40倍とも言われている寿命からも伺えます。
しかも毎日2000個の卵まで産むのですから、栄養の豊富さが伺えます。

今回はその栄養素の中でも美容に関してみていってみましょう。
まずローヤルゼリーにはアンチエイジング効果があります。
これは中に含まれている若返りのホルモンの類「パロチン」が影響します。
このパロチンという成分は、通常25歳位までの成長ホルモンとして体の中で盛んに分泌されます。
しかし加齢によって減少してしまうので、ローヤルゼリーに含まれる類パロチンは、
パロチンに代わって細胞が生まれ変わるのを促してくれるのです。

またなによりもローヤルゼリーにしか含まれていない「特有成分」というものがあり、
その成分の中に「アビシン」という成分があるのですが、
このアビシンは細胞の代謝を促す効果があり、
一晩で細胞の数が5倍になるとも言われているのです。
肌の代謝は美肌効果には何よりも嬉しい効果といえるでしょう。

ましてや抗酸化作用もありますので、
全ての活性酸素を除去して細胞の老化を防いでくれる働きも期待できるのです。
他にも成分はたくさんありますが、なんといってもローヤルゼリーは、
自律神経や更年期障害などと言った精神的なバランスを取る効果にも優れています。
ホルモンバランスが崩れてしまえば、睡眠や精神にも作用を及ぼし、肌荒れなどもすぐに起こってしまうでしょう。
そういった事態を防ぐように脳の間脳視床下部の働きを助ける成分である
「デセン酸」という成分もローヤルゼリーだけに含まれている栄養素のひとつです。

また他にも、ローヤルゼリーの成分で「アセチルコリン」という成分も自律神経を調整してくれる働きがあります。
こちらのサイトでも豊富な栄養素が含まれているローヤルゼリーなどについて、詳しく解説しています。是非、ご覧ください。