お薦め

「自律神経を指摘されたら」

自律神経という言葉はよく聞きますが、
どのようなものなのか知っている人はあまり多くないのではないでしょうか。

神経系は大きく二つに分類されており、「体性神経」と「自律神経」と分かれています。
体を自分の意志で動かすための神経のことを体性神経といいます。
食事などの日常生活において手足や口を動かしますが、それはその人の意志によってなされます。

自律神経というのは、意志とは関係なく、
体などの各気管の必要に応じて動くもので、いわば生きるという生命活動そのものです。
そしてその自律神経の司令塔のような役割を担っている部分を「間脳」といい、
大脳皮質にすっぼりと覆われるように脳の中心部にあります。

ローヤルゼリーに含まれている特質成分であるデセン酸は、
「間脳」に働きかけることが解明されており、自律神経のバランスを整え、
正常化されていると言われています。

またローヤルゼリーには間脳の老化を防止する効力も認められているのです。
なによりも自律神経は様々な体の調子を整えるのにとても大切なものですが、
自分ではどうすることもできないという部分でもあります。
だからこそローヤルゼリーの成分は有効なものであるとされています。

ローヤルゼリーにはストレスなどに働きかける成分や自律神経を整えることで、
免疫力を高める効果が実証されています。
つまり自律神経がしっかりとしていれば、白血球が外部からの侵入者である細菌やウイルスを排除する働きがあり、
その働きには自律神経が大きく関係していることが研究の末にはっきりとなりました。
「病は気から」ではありませんが、自律神経がしっかりとしていれば、
風邪をひくこともないほどに健康でいられるということです。

ローヤルゼリーを飲むことはたくさんの栄養素を摂りいれるだけでなく、
体の大事な機能を守ることや病気に対する抵抗力も向上する効果を持っているのです。

ローヤルゼリーを毎日飲んで、健全な精神と肉体を育てていきましょう。
とても貴重なローヤルゼリーについて解説しているサイトもあります。是非、ご覧ください。